医療

精神科も様々な検査をする

男の人

より正確な判断をするため

精神科や診療内でも診察だけでなく、様々な検査を行うことがあります。しかし、必ずしも検査を行わなうわけではなく、もし受けたとしても個人個人で受ける検査も異なります。もし、うつ病の診断で訪れて、検査が必要だといわれ不安になったら医師に必ず確認することも大事です。基本的に検査は、うつ病の診断をするため、うつ病の原因になった事柄を探るために、あるいはほかの病気と識別するために行われます。例えば、血液検査と尿検査は、カラダのさまざまな状態を調べることができるので、体全体の状態を把握するために行われる検査です。うつ病の治療で薬を飲む場合、薬が主に肝臓や腎臓で代謝されますので、その機能に問題がないかもわかります。ほかにも、うつ病で食欲が極端に低下すると、栄養状態が悪くなることがあるので、たんぱく質や脂質、電解質などをバランスなどがチェック可能です。加えて、甲状腺機能の低下により、うつが起こることもあるので、甲状腺機能を調べることもできます。そして、心電図検査は心臓の筋肉の動きによっておこる電気活動をとらえる検査です。心筋の動きの様子をおおまかにとらえることができます。主に不整脈や狭心症、心筋梗塞の可能性について調べることが可能です。心臓の動きをチェックするだけでなく、治療に使う一部の薬が心臓の動きに影響を与える可能性もあるため、事前に状態を調べておこうという目的で行われています。さらに、頭部CTとMRIに関しては、両方とも頭を輪切りにしたように連続的に断面をみることができ、脳の形態的な異常を見つけることが可能です。主に脳腫瘍や脳梗塞、脳出血などに関しての情報を得ることができます。うつ病の原因として、まれに脳腫瘍があったり、とくに高齢者では脳出血や脳梗塞後に後遺症の症状としてあらわれたりすることもあります。加えて、脳の萎縮の程度を見ることで認知症との識別をする手がかりにもなるわけです。CTとMRIの違いは、前者が放射線、後者が磁気を用いた検査だという点です。一般的にはMRIの方が情報量は多いですが、CTのほうが簡便なのでスクリーニングには適しています。病気の状態により、どちらが診断に適しているかは異なります。一般的にはCT検査を行い、より精密な情報を得たいときにMRIを使用することが多いです。ほかにも、脳波の検査を行うこともあります。脳波とは脳の活動によっておこる微小な電気活動を記録したもので、脳の機能を反映します。主にてんかんなどの診断に使用されることが多いですが、意識障害があるかをチェック可能です。脳やカラダのほかの病気が原因でうつ状態になっている可能性があるかどうかを識別するために有用です。また、脳血流シンチグラムと言って、脳の機能の状態を画像でみられるものもありますうつ病では特に前頭葉の血流が低下することが知られており、血流に変化が起こっているかをみることが可能ですこの機械的な検査以外にも心理学的検査を行うこともあり、ある形式にのっとった問診や自記式のアンケートを実施することもあります。これにより重症度が判断可能です。加えて、より患者に関して知り、診断や治療に役立てるために、性格検査や心理検査などが、高齢者の場合は記憶、注意力、計算力に関する検査を行うこともあります。